「金鳥の夏 デュッセルの夏」の巻

 デュッセルドルフでは、ここ数年、毎年6月に日本デーというイベントがあります。
日本文化を紹介するような屋台や出し物小屋が旧市街の広場を中心にたくさん出て、催し物や出店やイベントが行われ、かなりの賑わいをみせています。
 デュッセルに来て3度目の夏、初めてこのイベントに繰り出しました。が、出展物はほとんど見ず…。ちょっと惜しいかなと思ったので来年は覗いてみようと思いますが、なんといってもメインは花火。日本の花火です。ラインの河岸に上がる、その彩り、形の創意工夫、最高です。
 あいにくの天気に、楽しみにしていた浴衣は断念してしまったものの(がんばって着ている人たちもたくさんいましたが)、幸い花火の時間に雨は降らず、綺麗に打ち上がった花火を見る事ができました。
 実に70万人もの人出があったという日本デーの花火は、既に初夏の一大イベントとなっているようです。
 何年ぶりかの日本の花火。日本の夏の欠片が、この街にはありました。(しかし花火を写真に撮るのは難しいね。しかも携帯カメラだ。)


 

 

 

 






Copyright (C) 2008 Yuki, All rights reserved.