2004.9.16 「ポーランド航空に乗る〜ワルシャワ空港前編〜」の巻

 拍手の謎(「ポーランド到着編」参照)に一抹の不安を覚えたまま乗換である。ワルシャワといえばポーランドの首都。首都にある国際便が到着する空港ならば当然、国際便の手続きには慣れているもの、と思われたのだが…。

 到着カウンターには、乗換の手続きをする人々の微妙な列ができていた。カウンター1つに1列ずつ人が並んでも、中のスタッフがお互いに行き来していて、誰がどの乗客の手続きをどこまでやっているのか少々不安なのであった。
 それでもやがて私の番。目的地を確認し、航空券を確認し、パスポートを確認し、カウンターから出て、天井から下がっているモニターを列待ちの人々と共に見上げ…。?…待て。そのモニターなら私らだって見ればわかるぞ。まだ私の便は表示になってなかったよ。アナタ係員でしょ。そのカウンターにあるパソコンはオンラインじゃないのか…?
 「じゃそこ通って向こう側に出てゲートに行ってね。ゲートはモニターに表示されるから(^.^)!。」
 ……結局、不安が2抹ぐらいになったまま“そこ”を通ったが、パスポート以外に何をチェックされるわけでもなく、ロビーへ出てしまった。

 …後編へ続く。




Copyright (C) 2005 Yuki, All rights reserved.