「ネクタイ狩り2009ー終わりの始まりー」の巻

 2009年2月19日午前8時前。通勤の電車へ向かう途中、やたらとしかめっ面をした女性が向こうからやってきた。しかも私に向かってアカンベーをしている。「・・・??」と一瞬思ったすれ違いざま、それが全てメイクであることが判明。ふと周りを見回すと、マクドナルドの“ドナルド”並に真っ赤なヅラを被った小学生達が、いつも通りキックボードで学校へ向かっていたり、蛍光ピンクの頭と服装の二人連れが自転車で追い抜いて行ったり、ホラーメイクの両親に手を引かれた子供達が楽しそうに歩いていたり、頭上にピコピコを弾ませた女性が電車に乗り込んでいたり。
「・・・皆アレで普通に仕事に行くのか・・・?」
たぶんね。今日はそれOKの日なのだろう・・・。

 今日はヴァイパー・ファストナハト。11月11日から始まったカーニバル期間のクライマックスの始まりである(「ネクタイ狩りー」の巻 参照)。
 カーニバルの主要なイベントは11時11分に始まるものが多いようで、“ネクタイ狩り”もこの木曜日の午前11時11分をもって解禁となるのである。偶々タイミングよくその“封切り時間”直後に時刻を確認し、同じ並びの同僚と顔を見合わせつつデスクからハサミを取り出した*のだが、今年はなぜか社内がとっても静かである。
 例年なら既に社内にはカーニバルの音楽が流れ、まずは隣の部あたりでネクタイ狩りが始まるので、それを真似るように私の所属する部(日本人が多い)でもカーニバル突入、な感じになるのだが、今年は音楽もなく、誰もどこでもまだ切り始めていない。ノータイの人も多いが、休暇と出張者が多いのか、そういえば事務所内の人数も少ない気がする。加えて今年は、キッッチンでアルト(デュッセルの地ビール)が振る舞われる事もなく、静かなまま過ぎて行った。
 世間や社外では仮装とパーティがそこら中で繰り広げられ、社外の顧客も休んでいたりパーティ中だったりしてなかなか連絡がつかなかったり(笑)している中でのウチの静けさ。「(社内中)パーティだらけで仕事にならないな!」ととある同僚は皮肉った。
 とはいえ、誰も何もしないのではつまらない。遅ればせながら昼頃になって、やっと隣でもネクタイを切っている姿が目に入り、同じ頃私も部内同僚のネクタイを切り、それをガラス戸越しに見ていたらしい別の部の人達がわざわざ内線で呼んでくれたので、有り難く狩りに行ったことである。せっかくだから少しでも盛り上がらないとね♪
 ちなみに、この日の昼食は近所の社食へ出かけたのだが、食べに来ているビジネスマンのネクタイは当然のごとく半分になっており、厨房にはインディアンが待ち構え、レジには魔女が入っていた・・・。





今年の獲物も2本なり。いつかは上司(日本人)のを・・・。


*このヴァイパー・ファストナハトの木曜日から連日飲み騒ぎとなるので、金曜日、或は木・金両日に休暇を取る人も少なくないが、私は今年も通常出勤した。

Copyright (C) 2009 Yuki, All rights reserved.