「Pfand(プファンド)」の巻

 酒屋でお酒やジュースを買い、空のガラス瓶を返してボトル代の払い戻しを受ける。というような光景は、日本では既に過去のものとなったきらいがあるが、ここ環境保護先進国ドイツではしっかりとシステム化されている。Pfand(プファンド)とはまさにそのボトル代担保・保証金のことである。
 Pfand(プファンド)の対象は主にビール瓶(ワインはなぜか無し)と水の瓶及びペットボトルである。買うお店によって、買ったお店やスーパーへ返さなくてはいけない場合もあれば、他のスーパーで買ったものでも一緒くたに自動返却機で処理できる場合もある。後者の場合、スイッチを入れてボトルを入れていき、全部入れ終わったところでレシートが出てき、それを店内のレジに持っていって現金を受け取る仕組みになっている。この場合、Pfand対象でないものや、前者のように特定のお店に返さなければならないボトルは拒否される。また、たまに機械の調子が悪くてボトルが拒否されたりする場合には、レジに訴え出ればなんとかしてくれる。
 ボトルの種類や大きさによってPfand(プファンド)代も違うのだが、例えば1.5ℓ入りの水のペットボトルで25セント。10本ほども溜め込んで返しに行くと300円ちょっとになるのだから、めんどくさがらずに返そうというものである。
 またこのPfand(プファンド)は、ボトル等に限らず、安いカフェやレストランのコーヒーカップやビール・ジュースのグラスにも適用され、店内で飲み終えて返せばPfand代が戻ってくる仕組みになっているお店もある。その場合にはレジの辺りに必ず表示があるものだ。

 さて、当初は返し方もよくわからなかったものが、すっかり慣れた今日この頃、ドレスデンのとあるファーストフード店でふとPfand(プファンド)の表示が目に入った。観光客が多い場所のせいか、珍しく四か国語で書かれてあり、中に見慣れた文字があったのである。
沈澱をマグかびんの支払うためガラス帖当(…各2ユーロ)」(括弧内はドイツ語。)
……日本語…だよな…?
 ちなみに、英文は「To pay a deposition for mugs or bottles」。他二か国語はフランス語とロシア語であった。




Copyright (C) 2005 Yuki, All rights reserved.