「真夏の宵の花@キルメス」の巻

 三度めの夏にして初めて知った(ような気がする)のですが、デュッセルの夏の一大イベント“キルメス”では、終了前々日の夜に花火が上がります。その名も「Superfeuerwerk(スーパー花火)」。面白そうなコトをこれ以上一つも逃したくない!と、今年は友人を誘って乗り込みました。
 連日の雨降りに、開催が懸念されましたが、夕方が近づくにつれ雲が少しずつ晴れ、先月の日本デーの花火の時よりずっと暖かく、楽しみ易い夜になりました。
 22時半。打ち上げ場所の河原に近い、園内の広場には、ひしめくように人が集まり、私達も遊具の壇上から見上げること25分間。少々風が強く、打ち上がった花火が流れ易くはありましたが、爽快な音とともに空に咲く花に、かつて友人と彼女のお父さんと隅田川の花火大会を見に行った時のことを思い出しました。
「一年に一度、この音を聞いてこの花火を見ると、嫌なことをスカッと忘れられるんだよね。」


  

  

  

  

  




Copyright (C) 2008 Yuki, All rights reserved.